ウーマン

クロレラの効能とは|風邪を引かない体になれる

  1. ホーム
  2. 食べる順番で血糖値を低く

食べる順番で血糖値を低く

血管

野菜から食べよう

ヘモグロビンa1cは、血糖値を表す指標です。健康診断にも載っているこのヘモグロビンa1cという指標は血糖値を表すといっても、ちょうど採血のときの血糖値を表しているわけではありません。ヘモグロビンa1cというのは、赤血球の色素であるヘモグロビンのうちのどれくらいの割合のヘモグロビンが糖と結合しているかを表しています。そして、この値は過去1か月から2か月の血糖値の平均に影響されます。健康診断の直前に炭水化物や糖分の摂取を控えたからといってヘモグロビンa1cの値が改善されるということはありません。ヘモグロビンa1cの値は糖尿病の診断基準の一つにもなっています。したがって、糖尿病の予防のためにヘモグロビンa1cを高くしないことが重要になります。そのために注意するとよいのは、普段の食事習慣です。では何に注意すればよいのかというと、糖分や炭水化物を多く摂らないこと、食べる順番を気にすること、です。このうち簡単に行えて効果が高いのは、ご飯を食べるときの順番を気にすることです。これは「食べる順番療法」といい、実際に糖尿病治療にも導入されている食事療法です。食べる順番としては、まず食物繊維豊富な野菜、次におかず、最後に白ご飯やパンという順番で食べることが推奨されています。このように食べる順番を野菜からにすると、インクレチンというホルモンが多く分泌されます。そして、このインクレチンは最終的には血中の糖分を細胞に取り込ませて血糖値を下げる働きのあるインスリンというホルモンの分泌を促進するため、血糖値とヘモグロビンa1cの上昇を抑えることができるのです。